Welcome

   新社会党   

山口みさえDSC_0470.jpg

 変えるべきことがある

 

 

 

 

 

🌼9月議会が閉会しました

 

 

昼夜の寒暖差が大きくなってきました。

コロナ感染だけでなく、

インフルエンザや風邪にも十分気をつけてください。

 

  

 

 

芦屋市新型コロナワクチン

コールセンター

 

0797-31-0655

 

 

  

 

 

     💛一般質問のご報告💛

 

9月10日に、コロナ対策の現状と課題について質問

しました。

感染拡大にともなって、市内でも自宅療養者が増加

してきています。

入院や施設療養や、自宅療養者についても県の管轄

となりますが、自宅療養は症状の管理や隔離の状況

も含めて、これまで以上に県と市の連携が必要にな

ります。

 

市民の命と、健康、そして暮らしを守る視点で県と

の情報共有をしっかり行うよう求めました。

 

また医療・保健・福祉・救急(消防)業務の現状を

確認しました。

 

救急業務は、コロナ指定病院への搬送業務が増加す

る中で、これまで3台だった救急車両を4台に増やし

いざという時のために民間救急との連携も申し入れ

しているとの回答を消防長からいただきました。

 

山口みさえは、9月議会において市民の皆さまから

届けられている不安の声を少しでも取り除けるよう、

各分野で調査を進めながら、全力で行政にも働きか

けています。

感染は誰がなってもおかしくない現状ですが、罹患

したときは安心して療養ができるよう、また感染拡

大防止とクラスターを発生させないための芦屋市独

自の対策を教育・保育施設にも求めています。

 

 

 山口みさえは

今期は民生文教常任委員会所属です。(^^)/

 

 

 

 

 

コロナウイルス電話相談

発熱・体調不良(息苦しさや味覚障がいなど)の場合は

まずはかかりつけ医に電話して指示に従って受診してください。

 

かかりつけ医がいない場合や、連絡が取れない場合は

芦屋市健康福祉事務所 0797-32-0707

 

平日の夜間や土日、祝日は

兵庫県 078-362-9980(24時間受付)

FAX 078-362-9874

 

また芦屋市では生活全般にわたる

困りごと相談窓口が開設されています。

0797-31-0681

(詳しくは芦屋市ホームページまで)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

議会での審議・討論・採決の様子は、インターネット

配信されています。

芦屋市ホームページ議会の部屋からお越しください。

 

 

 

 

    

  

💛コロナ対策も

💛決算委員会の審査内容も

💛議員提出議案

大塚のぶお議員に対する問責決議も

💛全会派の本会議での討論も

   👀ぜひ見てください。

 

 

 

 

 

 

各会計決算のうち、2020年度一般会計その他5会計に反対しました。

 

2020年度の決算を審査するうえで、新型コロナウイルス感染症対策については

大変重要で、2001年度依頼19年ぶりに500億円を超える582億7230万1000

という決算額で前年度と比べて1646083万円増えています。

 11度にわたりコロナ補正予算を編成し、特別定額給付金事業やワクチン接種、

飲食店への協力金など国・県から降りてくる施策を、限られた職員で懸命に遂行

してきました。

財政課の方が事務報告書に補正金額と内容を表にまとめてくれていますが、

今回の決算審査において、芦屋市としてのコロナ対策がどうであったのか

 市としてのコロナ対策の中間報告は1度行っていますが、その後問題がどう

整理されたのかが示されていないように思います。(中略)

 

委員会でも発信しましたが、芦屋市はもとから労働対策が弱い。

その上にこのコロナ下での状況ですから、若もの就労保障や圧倒的に女性が多い

 

コロナ関連で補助や制度がよくなったと感じとれるところもあるのかもしれませんが、

実際には市民の暮らし自体は厳しくなっており、十分な手立てはできていないと言わ

ざるを得ません。

 委員会でも申し上げましたが、教育の分野でも市奨学金や大学支度金の

件数や決算金額も340万円減少していますが、それは国の制度がコロナ禍において

改善されたことによって国の制度を活用する世帯が増えたからで全体的には就学援

助費も含めて利用者が525件を超えており昨年度より30件増加し生活はひっ迫しています。

 

また介護の分野でもコロナ対策で感染者に対応した業者やヘルパーさんに補助金や手当が

支給されますが、もともと福祉現場は社会的に低位な状況に置かれ続け、介護職という

献身的に高齢者や障がい者の生活を支えている人たちの労働条件が悪いため、離職者も

いつまでたっても改善されません。

芦屋市でも80カ所ある介護事業所中14事業所が感染者対応をすると手を上げてくれているが

1事業所にたったの30万円、感染者対応にたったの1万円、ヘルパーさんがコロナ関連の人を

介護したら13000円、間違いなく介護をする側は濃厚接触とならざるを得ないのに、

13000円はすくなすぎるだろうと、介護職の人に代わって声を大にして訴えておきたいと

思います。

包括管理や民間委託がどこの職場も進んでいるけれど、そのことによって見え隠れする市民

生活権や教育の機会均等の侵害が感じとれる決算になっていると指摘致します。

国の介護制度の充実を求めるのと同時に、市でも特養の誘致などは地域ごとに進めておきたいものです。

 

 

 

 

 ↓こちら↓ 

 

 

 

 

 

 

NEW!広報バックナンバー更新 NO119号(2面3面)

 

 

 

 

 

 

2021年10月 山口みさえ 

 

 

 

 

 

 

* .+  。*  . +  *   。  *  .  +   。  *   . +   。 * .* .+  。*  . +  *   。  *  .  +   。  *   . +   。 *

 

活動はインスタグラムにも更新中  

 20211020.jpg 202111020 2.jpg

20211020 3.jpg 20211020 4.jpg

    スマホからも @yamaguchimisae1120 で検索 

 

  * .+  。*  . +  *   。  *  .  +   。  *   . +   。 * .* .+  。*  . +  *   。  *  .  +   。  *   . +   。 

11月

  • 22日(月曜日)【議会運営委員会】
  • 24日(水曜日)【本会議】開会、提案説明・委員会付託等(給与関係議案)
  • 24日(水曜日)【総務常任委員会】議案の審査(給与関係議案)
  • 29日(月曜日)【議会運営委員会】
  • 30日(火曜日)【本会議】委員長報告・討論・採決(給与関係議案)、提案説明・委員会付託等(給与関係議案以外)

12月

  • 1日(水曜日)【建設公営企業常任委員会】議案・請願の審査等
  • 2日(木曜日)【民生文教常任委員会】議案・請願の審査等
  • 3日(金曜日)【総務常任委員会】議案・請願の審査等(給与関係議案以外)
  • 6日(月曜日)(委員会予備日)
  • 7日(火曜日)【議会運営委員会】
  • 8日(水曜日)【本会議】一般質問
  • 9日(木曜日)【本会議】一般質問
  • 10日(金曜日)【本会議】一般質問等
  • 13日(月曜日)(委員会予備日)
  • 20日(月曜日)【議会運営委員会】
  • 21日(火曜日)【本会議】委員長報告・討論・採決(給与関係議案以外)、閉会